挑戦の剋~アダチケンゴ・フルバンドワンマンライブ at 水戸SONIC H28-11-19

H28-11-19、アダチケンゴさんが、5月に引き続き半年ぶりに水戸で自身2回目のフルバンドワンマンライブを開催しました。
(前回のライブのことは→こちら

メンバーは、もはやアダチケンゴのパーマネント・バックバンドといっても良いぐらいのいつもの強力なメンバー。
<Member>
Ba&BM 加藤裕一  Gt 渡辺裕太  Pf tatsuya  Cho 福見健二  Dr 坂本暁良

cxopa6uveaauca6

アダチケンゴ オフィシャルブログから

セットリストはダブルアンコールを含めてなんと19曲。
<Setlist>
1  太陽
2 Tell me
3 テレフォンナンバー
4 Hey!
5 DanDan断捨離
6 アルマジロダーリン
7 枯葉
8 秋風
9 Sweet Dreams
10 Justice
11 No!
12 ペルソナ
13 Stranger
14 Jumping up
15 Don’t stop the bus music
16 ひだまりの下

<Encole>
17 Holiday
18 ♡にきて

<Double Encole>
19 ハルカトオクヘ

 

今回も前回同様にダブルアンコールが起きるほどの大盛り上がりのライブになりました。

cxopa6rukaee63d

アダチケンゴ オフィシャルブログから

忘れてしまわないうちに、今回のライブの感想を少し。

 

o0480036013690222749

アダチケンゴ オフィシャルブログから

まずアダチさんのメインギターはMATON。まあ、なんたってMATONアーティストのアダチケンゴですから当然ですね。ギターストラップの金色のMATONロゴが輝いてました。

今回ビックリしたのは・・・、何といっても今回アダチさんがアコースティック・ギターだけでなくエレキギターをそれも5曲も使ったというところ。
(記憶が正しければ・・・、5・10~13)

使ったのはストラトキャスター型。以前ツイキャスなどで「エレキギターをライブで使うならテレキャスター型。」と言っていたはずなのに・・・・。思いっきり前言撤回なギターセレクトです(笑)。
音色は野太いロック調で、いつもと違うこれまた格好いい演奏でした。

(ツイッターにアップされたエレキで演奏されたJusticeのショートムービーです。)

 

いつもの様に、どの曲もご機嫌なバンドアレンジでしたが、今回特に嬉しかったものの一つがテレフォンナンバーとJusticeです。

新アルバム「SOLUS」ではアコースティックギター一本でのアレンジだった「テレフォンナンバー」と今までギターのみでの演奏だった新曲の「Justice」を今回バンドアレンジで披露してくれました!

「テレフォンナンバー」はのりのりの跳ねるベース&バスドラムに裏打ちのスネアのリズムラインが軽快で、ライブ中にアダチさん自身も言ってましたが「キラキラしたアレンジ」の、最高のPop-Tuneに仕上がっていました。
(「Justice」はショートムービーの通り、これまた格好よいアレンジですよね。)

 

今回、会場の最後尾のPAブースの横で聴いたのですが、アダチさんのボーカルはもちろん各楽器&福見さんのコーラスも本当にクリアに聴こえて最高でした。

坂本さんの引き締まったドラムと加藤さんのノリの良いベースが凄く印象的で、「ペルソナ」の坂本さんのドラムラインが凄く格好良かったのが今でも頭に残っています。
それに、ダブルアンコールの「ハルカトオクへ」での出だしのアタックは、鳥肌が立つぐらい感動的でした。

それに、福見さんのコーラス。
アダチさんとのピッチの差が安定してビシッとマッチしたコーラスはとにかく気持ちよかった!

 

ファンの多くの方も言ってましたが、今回のライブはいつも以上に短く感じました。
最高の演奏だっただけでなく、アコースティックギターありエレキギターあり。バンド演奏あり、ソロ演奏あり。と、本当にバリエーションの広い構成だったこともあるかなと。
12月15日のベガホールでのホールライブに向けてますますライブパフォーマンスの質を上げている印象です。

ツイキャスで「ベガホールでのホールワンマンライブは、出だしから満足してもらえるものになりますよ~。」と言っていましたが、なるほどとうなずけます。

cxwr0jjviaalyuj

そして、最後に2018年1月に茨城県民文化センターでのホールライブを計画中である事を発表してくれました。
本人の言葉通り、遠く関西を本拠とするインディーズアーティストのアダチさんがホールを一杯にすることは「高い壁」かもしれません。
が、アダチさんの楽曲・歌、そして今回のライブを見たら結構あっさりとクリアしてしまうような気がしています。
今から楽しみです。

ppsh01

14680490_1065129776936780_6463562220138968003_n

出典:タカさんFacebook

14731237_1065129773603447_6594634999181255354_n

出典:タカさんFacebook

最後に、個人的に嬉しかったのが加藤さんの使っていたこのベースを見られたこと。

加藤さんがちょっと前に新調したベースですが、この綺麗なブルーがステージライトに映えて格好よかったな~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です