あいこDEショー in 鉾田(2019-10-30)

10月30日、ジイマでは3回目となる「あいこDEショーLive」が開催されました。
月末平日にもかかわらず当初の予定数は完売で追加席を用意することになるほどの盛況でした。

今回はジイマで3回目の「あいこDEショー」を記念して、来場者皆さんにジイマからオリジナル・ラバーバンドをプレゼントさせていただきました。

 いつもの通り、最初のジャンケンで決める演奏順は、近野淳一→アダチケンゴ→磯山純という「こあい」というものに。

 一番での近野淳一さん。いきなり冒頭から激しい歌に笑わせるMCとさすがとうならせるステージ。

 二番手のアダチケンゴさん。ファンキーでノリのいい歌にじっくる聴かせる歌とアダチワールド全開のステージに。

 最後に、磯山純さん。日頃エンディング近くに歌う「流れ星」を冒頭から。途中にしっとり聴かせるナンバーを織り交ぜて、最後はまた客席を巻き込んでの「Dance Dance Dance」でエンディング。

アンコールでのセッションでは「あいこDEショー2回戦」の時に3人で作成した「home」を演奏。ファンの中では“名曲”といわれるこの曲ですが、あいこDEショーでしか聴けないレアな曲です。
 3人の歌ももちろんですが、磯山さんのリズムギターに近野さん、アダチさんのリードギターの絶妙な絡みが聴きごたえありました。

 当初「home」で終わるはずが、会場の盛り上がりに促されてダブルアンコールで 最初の「あいこDEショー」で作った「あいこDEショー」を 。リハーサルもしていない突然の事だったので、ステージ上で打ち合わせ(笑)。まるでトリオのような立ち位置で演奏し、無事終了しました。

 “それぞれが独自で活動し、時々3人揃って各自の進化具合を戦わせ、お互いに刺激しあう”
の「あいこDEショー」のコンセプトの通り、今回も各アーティストが個性を存分に発揮したステージでした。きっと来場してくださったお客さんも満足したのではないかと思います。

 さて、次の「あいこDEショー」はいつになるのでしょう?今から楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です