「君んち行くよライブ in 鉾田」 by 磯山純

2015年3月29日(日)、2年連続茨城県民文化センター大ホールでのワンマンライブを予定している磯山純は、今年も「君んち行くよライブ」という企画を行っている。

ファンの間ではメジャー企画ではあるけれど、知らない方のためにちょっとだけ説明すると・・。
県民文化センター大ホールワンマンライブのチケットを15枚買ってくれた場合(要交通費)には、その方の御希望の場所に磯山純がうかがってミニライブをするという企画だ。
文字通り家族・親戚・近所などで集まって自宅で開催することはもちろん、友達同士で集まってカフェなどを使って開催するなんていうのもなかなか楽しい。

ショッピングセンターのインストアライブで多くの人を集め、ラジオで冠番組も持ち、茨城ではもちろん、今では県外や東京などでもライブをしているシンガーソングライターが自分のところに来て、自分のために歌ってくれるという贅沢な企画はそうなかなかないのではないと思う。

ただ、このような企画は珍しいから、「君んち行くよライブ」って実際どんな感じ?とお思いの方も多いだろう。
嬉しいことに今年初の「君んちくよライブ」を鉾田で開催することになり、私のショップを会場としてる使うことになり、お手伝いをさせていただき色々と知ることが出来た。なので、この企画に興味がある方のためにその時の様子を少し御紹介することにした。

プライベートなミニライブとはいえ、磯山純は通常のインストアライブと同じ様に入念な準備をしていた。
今回は2時間前に会場入りして機材のセッティング、調整を入念に繰り返していた。

kimiriha1

kimiriha3

kimiriha2

セッティングが終了後、販売用のCDやタオルの準備をしてスタンバイOK!

ほぼ予定時間に主催者Hさんの皆さんへのあいさつで「君んち行くよライブ in 鉾田」がスタートした。

 

「君んち行くよライブ in 鉾田」でのセットリスト

0  opening
1  7月7日、くもり。
2  knock
3  ダンデライオン
4  空中ブランコ
5  oleホーリーホック~葵の魂を見せてやれ
6  買えなかったモカシンブーツ
7  BGM
8  father
9  ゴーグルウルトラマン
10 dance dance dance~ラムコークを片手に
11 虹は雨の上に
12 流れ星
アンコール いつか湖のほとりで

kimihon1

 

最初はどこか緊張していた感じのあったお客様だが、磯山の熱唱ににだんだん心をつかまれていったよう。

そして、ある時には小学生を見つけて塾の講師をやっていた頃の話をしたり(国語の問題を解くヒントなんかもポロッっと・・・)、会場の笑いを誘う話や曲を作った時の想いなども話して、会場全体が凄く温かい雰囲気に。

kimihon2

最後には、年齢・性別関係なくタオルを振ったり、コーラスしたりと会場は大盛り上がりとなった。

kimihon3

そして、アンコール!

そこで笑いのハプニング!! あまりの盛り上がりで本編最後の流れ星が終わるや否や「アンコール」コールが。すると磯山が笑いなが「正しいアンコールの仕方をお話します(*^_^*)。」と言って一通り説明した後、なんともう一度流れ星のエンディングを演奏して終了。

お客さんたちも大笑いしながら今度は事前の磯山の「正しいアンコールの仕方」の通りのアンコールの後、アンコールとなった。

アンコールでは千波湖での一万人ライブの話をして、マイクを通さず生ギター&生歌で歌い上げて最後を締めくくった。

kimihon4

 

今回の「君んち行くよライブ」は鉾田のファンHさんが、ママ友や趣味友達などこれまでお世話になってきた方々に感謝の気持ちを伝える為の企画として行われ、一般のファンには事前の告知は一切なしだったために、いらっしゃったお客様60人強の半分以上は、磯山純のライブを見るのははじめてであったそうだ。

にもかかわらず、皆さん大変喜んでくださったようで、Hさんが事前に配ったアンケートにもたくさんご意見を書いていただけたようだし、CDやタオルなどを買われる方も多数だった。

主催者のHさんの人柄、そして絶対に手を抜かず歌う磯山の真摯な姿勢が作り出した本当に心温まる「君んち行くよライブ」だった。

Hさんによると「君んち行くよライブ」をお願いした後、磯山から開催の主旨やリクエストなどを聞かれ、磯山はそれを加味した上で選曲・構成・演奏をしてくれていたようだ。

今回はたまたま主催者のHさんが招待したい方々が60人と大人数になった為にショップを使うことになったが、この企画に人数制限はない。極端な事を言えば、チケットを15枚購入すれば、観客が一人でもOKだ。そして、会場などにも制限はない。なので、「どのぐらいの人数になるか不安だ。」とか「少ない人数だと失礼かな?」とか「会場を借りることが出来ない」とかを心配する必要は全くない。実際船橋在住のHさんは自宅で家族と近所の方だけを集めて「君んち行くよライブ」開催した。(ここもこの企画の良いところといえるだろう。)

「君んち行くよライブ」も3月29日(日)茨城県民文化センター大ホールライブまでの企画。その上、インストアライブやイベントの予定なども次々と決まっていて磯山が「君んち行くよライブ」にさける日数も限られている。

なので、もしこの企画に興味のある方は早めに問合せしてみる事をオススメする。

*もし、興味はあるけれど磯山さんに聞くのが恥ずかしいという方は、こちらのブログにコメントをくれれば私の分かる範囲でお答えいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です