磯山純レコ発ワンマンライブ at jiima(H30-10-27)

10月27日土曜日、磯山純さんのレコ初ワンマンライブ「ピアノと僕3」ツアーのジイマ公演が無事終了しました。

このツアーは新アルバム「ピアノと僕3」のリリースに合わせて組まれたツアーです。

ジイマでは今回の公演を記念してささやかながら「磯山純公認記念チケット」を配布させていただきました。

ジイマ公演は全8公演のこのツアーの中の6番目の公演ということで、ツアーLIVEとしての完成度もMAXに近く、大変盛り上がったものになりました。その盛り上がり具合は、磯山さんのLIVEを数多く見ていいるファンの方々の「こんな純さんは、今までに見たことがない!」と言う言葉の通りでした。

今回、磯山さんのLIVEには珍しく(?)、開演が数分遅れました。その理由はなんと開演時間数分前に衣装が準備できていないことが判明するという珍事(笑)。ジイマ・スタッフがドキドキして落ち着かない姿を傍目に、当の磯山さんは全く動じる様子もありませんでしたからさすがです。

そんな事で数分遅れでスタートしたステージは、最初から鈴木孝彦さんと磯山さんのギター・ボーカルがピッタリと息の合った素晴らしいもの。

今回のステージは、MCが少なめで次から次へと新アルバム「ピアノと僕3」の収録曲を中心にバラードではしっとりとアップテンポの曲ではのりよく演奏されました。

そして、会場のボルテージがMAXになったのが、終盤の「空中ブランコ」。突然、磯山さんが客席の椅子に登ってギターをかき鳴らし、お客さんみんなと合唱するという、まるでロックスターのLIVEを見ているかのようでした。

終演後、たくさんのお客様から「楽しかった~。」というお言葉をたくさんかけていただいて、本当に嬉しかったです(^^)。

ファンの間でも好評のこのツアーのワンステージをジイマで開催してくれた磯山純さん鈴木孝彦さん、そして、ジイマに足を運んでくれて公演を盛り上げてくれたお客様に感謝の言葉しかありません。ありがとうございました。

<追記>
当日LIVEにお越しいただいたファンの方のご協力により当日のセットリスト分かりましたので、掲載させていただきます。

1 intro
2 遠距離映画館
3 Knock
4 全とっかえ
5 ロードバイクのフィアンセ
6 君は泥舟
7 買えなかったモカシンブーツ
8 参列者
9 2つの扉(Piano solo)
10 輝ける明日へ
11 鬼百合を見上げて
12 ファントムバイブレーション
13 Dance
14 空中ブランコ
15 木霊
16 ダンデライオン
En1 いつか湖のほとりで
En2 湖面に映る月を見ながら
全18曲

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です