アダチケンゴ黄門祭りミニライブ~2015/8/8水戸駅北口特設ステージ

 

アダチケンゴの黄門祭りイベント出演弾丸ツアーは、地元の人間がみな口をそろえて「無理だろう。」と言っていた花火の後の水戸駅でのストリートを、なんと最後には警察官が護衛しているかのような状態で100人以上の観客を前に成功させるという信じられない形でスタートした。

adal1

あけて翌日黄門祭りイベント本番は快晴ながら強風という本人が
「結構きつい状態やった。」
という環境でスタート。

アダチの前のロックバンドの演奏時の観客席を見て、アダチは
「やばいな~、どうなるんやろう?」
と思ったそうだ。

だが、アダチが1曲目にカバー曲「恋に落ちて」の第一声を出した途端、そんな心配は吹っ飛ぶことに。

adal3

次々と人が集まりアダチ本人も
「いや~、成功だったでしょう。」
というほどに大変盛り上がった25分間だった。
時間制限のきついイベントにもかかわらずアンコールがあったのだから大成功だったに間違いない。

adal2

今回のミニライブで演奏されたのは
1 恋に落ちて(カバー)
2 Stranger
3 何もない
4 ハルカトオクへ
-アンコール(アダチ本人は「延長」という)-
5 Jumping Up!
の計5曲

お祭りイベントということもありアダチは当初3曲目にアップテンポで賑やかなJumping Up!を予定していたようだ。けれど、急遽重いテーマの「何もない」に変更した事が今回のイベントに参加してアダチが感じた思いを象徴していたと思う。

「何もない事が一番の幸せ」と思えるぐらい人生は何が起きるか分からない。それだけに、「今」を精一杯生きて充分楽しもう!

黄門祭りという華やかなイベントで皆楽しそうな顔をしている観客を見てアダチの中にそんな想いが湧き上がり、その想いを伝えるべく急遽セットリストを変更してまで「何もない」を歌ったじゃないかと勝手に想像してしまった。

また今回アダチはこの日のたった25分間イベントに出演する為だけに遠く600kmを駆けつけた。でも、その甲斐あって、たくさんの笑顔を届けるい事が出来た。
もしかすると、その想いはそんな自分へのメッセージでもあったのかもしれない。

ライブと物販が終わって約3時間後、水戸市街ではまだまだ催し物が賑やかに行われている時間、既にアダチは次の日の神戸でのライブのために首都高を関西に向かって走っていた。

8 Comments
  1. Teddyさん、こんばんは‼
    昨日のliveは盛り上がったそうですね。仕事で行けなかったのですが、友人達からの話しや写真で疑似体験できました(ちょっと切な)。そう、600kですよね。特別な場所として思ってくれてるんですよね。倍にして気持ちを返したいって、みんな思ってるから、何としても目標の実現に向けて応援していきたいと改めて思いました。Teddyさん、いつもありがとうございます‼

    • terurinchoさん
      コメントありがとうございます。仕事があってのライブですから、ちょっと残念ですが仕方がないですよね~。そんな中、ライブの雰囲気をちょっとでも味わっていただけたら幸いです。アダチさんにとって、茨城が大切にしたい場所になっているって事は事実でしょうね。そうでなかったら、たった25分のフリーライブのために600kmは走ってきてくれないですよ。茨城がアダチさんの関東進出の足がかりになればいいですね。今後ともよろしくお願いいたします。

  2. こんにちは(*^-^*)
    あっという間の2日間だったです。読ませて頂いてまた思い返せました。いつもありがとうごさいます。これからも変わらず応援していきまーす✋今度は川崎ですねぇ^0^)
    今から楽しみですね(๑^^๑)

    • とみちゃん さん
      コメントありがとうございます。本当にあっという間でしたね。ストリートライブと25分のイベントライブだけでしたからね~。仕事とはいえ、ほぼほぼ合計1時間強のために14時間以上をかけて来てくれたのですから、アダチさんには感謝感謝しかありません。決して損得勘定だけではできませんから、それだけ茨城を大事にしてくれている証拠だと思います。その気持ちに応えるべく、これからも十分アダチさんを楽しみたいですね~。今後ともよろしくお願いいたします。

  3. こんにちは。

    今回は、黄門祭りの為の関東遠征!
    やはり、イベントだけでは帰りたくないという強い思いがあって、警察官の方も味方につけてしまうぐらい持っている人なのですよね!!

    昨年12月の、まちなかワンマンライブの前に水戸駅でストーリートをした時から回を重ね茨城に来る度にケンゴくんの音楽が広がり足を止める方も増えファミリーも着実に増えています。
    それはケンゴくんの歌に対する想いや歌詞や歌唱力、ギターテクニック、全身全霊で歌う姿、MCの面白さ、、、
    全てが受け入れられての事と想いました。
    8/8強風の中で始まったミニライブも沢山の方が聞いていましたよね^_^
    あの伸びやかな声♪
    いつもより声が更に出ているわわ〜☆なんて想いきや、自分の声が聴こえないという悪条件だったようですね。
    あの短い時間でも手応えがあったはず。

    茨城がケンゴくんにとってのホット出来る場所に想って欲しいですね。

    いつもいつも、600キロ往復14時間もかけて来てくれて、感謝感謝ですね。
    って私、茨城在住ではないけど、ケンゴくんの関東ライブは水戸が多く、その度にお邪魔してるので茨城在住気分になってますね笑

    8/23川崎のバンドワンマンライブの成功と、その先の11/25の大阪BIG CATのバンドワンマンも成功させて、東京でもバンドワンマンライブを開催して欲しいなと願っています。

    いつも素敵なブログありがとうございます。

    • れるみん さん
      コメントありがとうございます。さすがの警察官もたくさんの人が楽しそうに聴いているのを止めるのは躊躇したんでしょうね。それだけ、盛り上がっていたって事でしょう。
      翌日も、強風の中「もしも願いがっ~」という声が駅前のビルに響き渡った時の突き抜けるような気持ちよさは格別でしたね。私も茨城でのアダチさんの人気は回を重ねるにつ入れて広がっていると感じます。
      せっかくアダチさんが想いを寄せていつも600kmを駆けつけてくれるのですから、茨城がアダチさんが東京に攻め上る関東のベースキャンプになってくれたらいいな~なんて思っています。
      東京でホールライブをやる日も近いかも?その時には、茨城から駆けつけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です