アダチケンゴLive「呼んでくれてありがとう」~2015.6.14ひたちなかファッションクルーズ

ファッションクルーズでのインストアライブは初めてのところなので、是非成功させたい。

今回のインストアライブの前にツイキャスや水戸駅でのストリートライブでアダチケンゴさんが繰り返していた言葉だ。

茨城での自分のファンと磯山純さんのファンが重なっていると思っているアダチさんにとっては、同じ日に磯山純さんが東京の原宿でワンマンライブをやっている事も心配を増幅させる理由でもあったかもしれない。

水戸でのアダチケンゴさんの人気を実感している私には???という感じでもあったのだけれど、そう言うアダチさんの雰囲気は真剣なものだった。その事は、「インストア俺が始まる前に お客さんが皆いなくなる夢を見た。」と朝アダチさん本人がツイートしたことでも分かった。

fan5

これは、リハーサルの時の様子だけれど、本番もこんな感じになったら・・・と心配していたのだろう。

しかし、そんなアダチさんの心配をよそにアダチケンゴ自身初のひたちなか市ファッションクルーズでのインストアライブ~呼んでくれてありがとう~は、13:00~、15:00~の2ステージとも大変な盛り上がりとなった。

1stステージ(13:00~)
 ①異邦人(カバー) ②Stranger ③Jumping Up ④ハルカトオクへ

カバー曲の異邦人でスタートした1stステージは、Stranger Jumping Up ハルカトオクへとアダチさんのノリの良い、そして代表的な曲を一気に演奏した。

「1stステージでこけたら、2ndステージは期待できない。」といわんばかりの渾身のラインナップだったような気がする。

約50席の椅子がほぼいっぱいだったけれど、異邦人をアダチさんが歌っていると駐車場からまたファッションクルーズの店舗の中からだんだん人が集まってきて立ち見もたくさんの大盛り上がりの1stステージとなった。

1stステージ後の写真撮影

1stステージ後の写真撮影

1stステージ後の物販がこれまたアダチさんの予想を越える展開に。

関西のファンの方の画像をお借りしました。

photo by マミー

CD・今後のライブチケット・タオルやバッグなどのグッズと3種類の販売があったのだが、そのすべてに列が出来た。
初めてアダチさんの歌を聴いた方が多くたくさんCDを買ったこともあり関西から持参したCDで完売のアルバムも出る。
さらに、来月水戸市内で行われるワンマンライブのこの日発売のチケットは、即完売。
その上、グッズでもトートバッグ、マフラータオルが完売した。

結局、13:30に終了した1stステージの後の物販は、1時間近く続き、終了したのは15:00からの2ndステージ間近い14:30だった。

2ndステージ(15:00~)
 ① 糸(カバー) ② 初恋泥棒  ③ ペルソナ  ④ 何もない
アンコール ♡にきて

2ndステージもカバー曲でスタートした。中島みゆきの「糸」。アダチさんの歌声が響いた途端1stステージ以上の人がどんどん集まってくる。2曲目の初恋泥棒が終わった時には遠巻きに見る人も多数。
そこで、アダチさんはすかさず即興で「皆さん近くで聞いてくれると嬉しいな。」と歌う。どっと沸く会場。遠巻きにしていた人もどんどん集まってきた。

関西のファンの方の画像をお借りしました。

photo by マミー

3曲目のペルソナの後、前日水戸駅のストリートライブの後声をかけてくれた福島の農家のおじさんに「君の歌声が、元気のない福島には必要だ。」といわれて福島で歌う事を決意した事を話して、「何もない事が幸せな事なんだと」という気持ちをこめて「何もない」を歌い上げ2ndステージの本編が終了した。

だが、すぐさまアンコールの拍手。アダチさん本人は「やらせ感満点ですけど・・」なんて冗談を言っていたが、拍手のほかに男の人の掛け声、そして多くの歓声まで出た事は、観客が心の底からアンコールを願っていた事を物語っている。

そして、もしかするとこの日のライブの最高の山場かもしれないアンコールになった。

「子供好きなんです。」と語るアダチさんは、会場に来ているちびっ子に
ステージにあがらへん?
と誘い、アンコールはステージに上がったちびっ子の手拍子に会場の皆が合わせて歌う「♡にきて」に。

fan2

原発事故の影響で未だに苦しむ福島の話をして、「当たり前が、当たり前じゃなくなる その前に」というアダチさんのコンセプトを語った後に歌われた「♡にきて」は、まさに会場が一つになり、ショップイベントであるインストアライブとは思えぬ一体感を感じる感動的なアンコールになった。


その場にいたアダチケンゴのファンも、この日に初めてアダチケンゴを見て初めて歌を聴いた観客も、ステージに上がったちびっ子も、そして、アダチケンゴも、皆で一つになって楽しんだ「ファッションクルーズインストアライブ~呼んでくれてありがとう~」は、こうして終了した。

そして、2ndステージ後の物販も長蛇の列になり、すべてが終わったのは2ndステージが終わって一時間以上過ぎ17時近くになっていた。

この日は1stステージと2ndステージで同じ曲を一曲も演奏しなかった。

以前アダチさんはメルマガで「インストアライブはアダチケンゴを知らない人に知ってもらうためのものなので、同じ曲を歌う事もあります」が了承くださいという内容を書いている。
観客の多くがアダチケンゴを初めて見るインストアライブでは、キャッチーな曲を中心に構成し、複数ステージがあれば同じ曲が歌われるのは当然の事だ。

ところが、この日は1stステージこそ代表的なノリのいい曲を演奏したが、2ndステージではコアなファンの好きな曲や重いテーマを題材にした曲をセレクトし、結局同じ曲が一曲もないという構成になった。

このことは、1stステージの予想外の盛り上がりに手応えを感じたアダチさんの、この茨城で、そして「君の声が必要だ。」言ってもらった福島で今後積極的に活動していきたいという決意の現れだったのかもしれない。

fan1

有料・無料にかかわらず、どんなライブも全身全霊で歌います」との言葉通りのライブパフォーマンスをして自身初のファッションクルーズでのインストアライブを大成功させたアダチケンゴさんは、7月また茨城に戻ってきてくれる。

*ブログ中、一部大阪からお越しのマミーさんの画像を許可をいただいて使わせていただきました。ありがとうございます。

10 Comments
  1. 中島さんのブログでしっかり情景が伝わってきました(//∇//)アダチさんもいざ始まるまで本当に恐かったでしょうね・・・しかしそんなことを全く感じさせないLIVEとなった様で良かったです(^-^)/早くアダチさんの生歌聞きたいです(T_T)

    • 濱地典夫 さま 
      コメントありがとうございます。結構どきどきしていたみたいですね。それだけ「絶対成功させたい!」って気持ちが強かったんでしょうね。
      なかなか千葉でのストリートが実現しませんが、近い将来きっとやってくれると思います。その時、是非。

  2. 今回のブログは、何回読んでも笑ったり、胸が熱くなりますね。

    アダチさんの今の活動に対する想いや聴いている私達に対する優しさをさらに感じることが出来ました。私は前日の水戸駅ストリートには行きましたが、その時も茨城は最近地震大きいのがあるけど大丈夫やった?と気を使ってくれます。お互いに思いやれるというのは嬉しいですね。
    会うたびにアダチさんの繊細な一面を感じています。
    小さな時にお父さんを亡くされ、最近も大事な方が亡くなったそうで、いろんな想いもあるのでしょう!
    何もない を聴く度に、明日はどうなるかわからない、だから今を精一杯生きる!と思わせてくれます。
    離れた場所からですがこれからも応援し続けようと思いました!
    また、素敵なブログ楽しみにしてますね。

    • ハナハナ さん
      コメントありがとうございます。本当に気持ちをつないぐという事を大事にしているアーティストなんだな~と感じます。
      私のブログでアダチさんをまだ見たことのない人やライブに来た事のない方に、その雰囲気を少しでも感じていただけたら嬉しいです。

  3. こんばんは。

    今回のブログは、ギターテクニックなどには触れず、ライブ全体の事で書かれていますね。

    それは、ライブが本当に心に染みるものだったのでは?と思っています。

    関西を出る前のツイートなどからも、期待もあるけど不安もいっぱいだったようですから、会場がいっぱいになりライブが進むにつれ、いつものあの笑顔が見れました。
    伸びやかな声が広がっていました。

    人に優しく、繋がりを大切にされるケンゴくんならではのライブでしたね!!
    福島にも必ず行って歌うのでしょう!!
    ちびっこ達にも、ちゃんと目線合わせて楽しそうで、その姿が周りを優しく気持ちにさせたようにも思います。

    本当に本当に東京から駆けつけて良かったです。

    素敵なブログ、いつもありがとうございます。

    • てるみん さん
      コメントありがとうございます。先日、若い子に人気のダンスユニットのインストアライブを少しだけ見ました。100人以上の熱狂的なステージでした。
      ですが、今回のアダチさんのライブの時のような一体感、ウォーム・ハート感を感じることはありませんでした。今回のインストアライブは、年齢・性別を越えた温かさを感じるライブでしたよね。
      その一体感・温かさをライブにこられなかった方にも感じて頂きたくて、書いたのが今回のブログです。
      どこまで、伝えられたか心もとない感は否めませんが、少しでも感じていただけたり、また、あの時を思い出したと言って頂ければ、嬉しいです。

      今後ともよろしくお願いいたします。

  4. こんばんは。初めまして。迷いましたがコメントしてしまいました。ちょうどこの日、友人に誘われてアダチさんのライブを観に行っていました!!ブログ拝見して、あの時のライブの様子が思い出されました。本当に素敵なライブでしたよね。そして、今は毎日会社向かう車の中でアルバム「ハルカトオクへ」を聴いています。
    そしてそして、川崎ライブも行きます!!楽しみです。
    それから、ブログ、とても楽しくワクワク拝見させていただきました。また、拝見させていただきますね。

    • terurincho さん
      迷いながらも、コメントありがとうございます。コメントいただけると励みになります。
      よかったですよね~。あんなインストアライブはなかなか見られませんよね。
      今後アダチさんを茨城で見られる機会も増えそうです。是非、一緒に応援して行きましょう。私もこれからもアダチさんのブログも書かせて頂きます。
      今後ともよろしくお願いいたします。

      ちょっと宣伝になってしまって申し訳ないですが、私のショップサイトでアダチさんのCDやグッズも購入可能です。
      もし、「ハルカトオクへ」以外のCDも聞いてみたいけれど、アダチさんが茨城に来るまで待てない!なんていう場合には
      是非御利用ください。購入いただいたCDをアダチさんのライブ会場に持って行って「ジイマで買いました。」とおっしゃって
      いただければ、サインをいただけることになっています。
      http://store.shopping.yahoo.co.jp/jiima/a55c5202aaa.html
      ふれあいを大事にする為、手売り限定なのがアダチさんのCDなのですが、なかなかライブ会場に足を運べないファンのためにと
      アダチさんから許可を頂いて販売させていただいています。

      • 返信ありがとうございます‼ちょっと、いや、かなり嬉しいです。ところで、CDですが、直接ジイマさんへ行って購入することは可能でしょうか???

        • terurincho さん
          こちらこそ、ありがとうございます。
          ジイマに直接来て頂いても、お買い求め頂けます。
          お時間のある時にでも是非お越し下さい。
          お待ちしております。
          よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です